自社の強みが見つかるたった2つの質問

2019.05.21に書きました

コラムTOP > Webコンサルティング > 自社の強みが見つかるたった2つの質問

18399a20e54ed709e8216b6ace60339

 

カタツムリデザインの水上です。こんにちは。

販促物や広告をつくる際、

「アピールポイントはなんですか?」
「特徴はなんですか?」
「強みはなんですか?」

といったお話になることが多いです。

ホームページもそうですし、チラシやなんかもそうですね。

見る人に何をアピールしたいのか、どう感じて欲しいのか、これらをしっかり考えることは集客をするうえでとても大切なことです。

ただ、「自分の会社(お店)の強みや特徴がわからない..」そんな方も意外と多く、もしかしたらこのブログを読んでくださっているあなたもそうかもしれません。

そんな方に向けて、今日は簡単に自社の強みを見つける方法を書いてみようと思います。

 

普段、あなたがお客さんからよく喜んでもらえることはなんですか?

まずこの質問を自分にしてみてください。

「普段の仕事であなたがお客さんからよく喜んでもらえることは?」

実際にお客さんから喜んでもらえているということは、間違いなくそれはあなたの会社の武器です。特徴です。強みです。

「特徴」や「強み」っていう言葉を聞くとどうしてもオンリーワンな感じと言いますか、特別な個性みたいなイメージを持つことがありますが、決してそんなものでなくともいいんです。

「すぐに対応してくれて助かった」 「接客が丁寧で気持ちよかった」 「親身になって相談にのってくれた」 とかね。

逆に言えば、そんな特別な武器を持っているのなら集客に苦労なんかしません笑

 

例えば、いつも丁寧な接客を大切にしている焼肉屋さんがあったとします。

「お客さんから喜んでもらえること?」
「そういえば “接客が丁寧で気持ちよかった” と言われることがしばしばあるなあ..」
「確かに接客時の笑顔を大切にしている..」

特にめずらしいことでもないでしょう?むしろどんな商売でも大切なことです。

でも、断言しますが、その「笑顔」に親しみを覚えお店のファンになってくれる人は必ずいます。 「あのお店にいくといつも笑顔で接客されて楽しい気持ちになれる」 そんな口コミも広がるかもしれません。

日本全国に「笑顔」を大切にしている焼肉屋さんはたくさんあると思います。でもあなたの街、あなたのお店の近くにはないかもしれない。 あったとしても、そのエリア内だったら、どこにも負けない接客ができるかもしれません。

だったらその「接客時の笑顔を大切にしている」というポリシーは、ホームページやチラシなどをつくる際にも、絶対に表現した方がいいですよね。

 

あなたが部下に仕事で叱ることはどんなことですか?

それでも「特に何も思い浮かばない..」という方は、こう考えてみてください。

「あなたが部下に仕事で叱ることはどんなことですか?」

「叱る」ということは、そこにはかならず「こだわり」があります。あなたが仕事で大切にしていることです。

例えば、遅刻してきた部下に注意した。

なぜ注意したのですか?時間は守るのがあたりまえだからですか?

でも、それは「時間を大切にする」「相手に迷惑をかけないよう連絡を入れる」というポリシーがあなたにあるからです。

あたりまえすぎますか?

でも、もしかしたら納期にいい加減だったり、担当者と連絡がつかなくて困っている人が、競合他社の顧客にいるかもしれません。

そんな人にとっては、「時間を大切にする」「連絡をまめに入れる」そんなあたりまえのことができるというだけでも、充分価値になりえます。

だとしたらそんなあなたの「あたりまえ」も充分アピールポイントになりえるわけです。

 

さいごに

いかがでしたか?

あなたの会社の強みは見つかりましたでしょうか?

実際にホームページをつくったりするうえでは、ヒアリングや取材を通じてもっと掘り下げていくことが多いですが、会社やお店の強みを考えるあしがかりとしては充分です。

「自分の会社(お店)の強みや特徴がわからない..」

そんな方の参考に少しでもなったのなら嬉しく思います。

ではでは!