一体なぜブログを書くことがそんなに大切なのか

2015.03.27に書きました

コラムTOP > その他 > 一体なぜブログを書くことがそんなに大切なのか

ブログ執筆

 

前回の祝日(春分の日)が土曜だったという衝撃的な事実が発覚し、慌ててこの記事を書いております。カタツムリデザイン代表、ミズカミです。

まさか先週の土曜が祝日だったとは。。完全に油断しておりました。

そんな自分への戒めのために、「ブログを書くことがいかに重要なことなのか」今日はそんなことを書こうと思います笑

 

人となり・価値観を伝えるため

自社・自分の考えを発信すればするほど、その価値観に共感してくれた方が自分のまわりに集まるようになります。発信しなければ、その人(企業)が何を考えているのか、どんな考えなのかはわからないワケですから、考えてみれば当然ですよね。

事実、お客さまのみならず、うちで働いてみたいと思ってくれている就活生、転職活動中の人にも「ブログ読んでますよ~!」ってよく言われます。

何より、モノや情報が溢れている今の時代。商品・サービスの差というのは、どんどん少なくなっていきます。そんな時こそ「個性」なのではないでしょうか。伝えるのか、伝えないのか。その「差」ということです。何もユーモラスなことを書かなくてはいけない、ということではなく、きちんと「あなたの考え」を発信しましょう、ということです。

特に企業のブログというのはただの日記ではありません。ブログというのは、「人となり・価値観」を伝えるツールです。

 

自分の考えをまとめるため

また、勉強したことや普段考えていることを、あらためて整理することができるツールでもあります。

「ブログは日記ではない」と前述しましたが、ブログと日記の違いは「それを不特定多数の誰かが読んでくれる」ということにあります。

少なからず、誰かが見るという可能性がある以上、よりわかりやすく書こう、こう思って欲しい、こう感じて欲しい、という意識が働きます。

この「ブログを書く」という行為をとおして、あらためて自分の考えを整理することができるんですよね。

 

自分の勉強を促進するため

自分の考えを発信(アウトプット)し続けるためには、常日頃から勉強(インプット)し続けなければなりません。そうでなければ、書くことがない…!ネタがない…!なんてことになり兼ねないですからね。

いち企業、いち社員、いち経営者として書くのであれば、やっぱりいい加減なことは書けませんし。

仮にブログのことを抜きにしても、どんな職種であれその道のプロフェッショナルとして、常日頃から勉強し続けるものですが、「ブログを書くため」という理由があると、さらに勉強する必要性が高くなるというワケです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?ブログを書くのはめっちゃ大事!ということが伝わりましたでしょうか。

こういった理由から、結果的に、あくまで結果的に(大事なことなので2回言いました)、集客にもつながりますよ。ということです。

Web屋さんっぽいことを言うと、俗にいうSEO対策(サイトへのアクセスアップの手法のひとつ)の一貫にもなるワケですが、それもあくまで結果的なこと。

大切なのは、楽しく情報を発信し続けること。

そして、ブログを書く日を忘れないことです笑

 

ではまた次の祝日、昭和の日(の翌営業日)に。