良いデザインの半分は優しさでできています。

2012.03.07に書きました

コラムTOP > デザイン > 良いデザインの半分は優しさでできています。

最近、長年見て見ぬふりをしていた虫歯が暴れだし、バファリン片手に闘いはじめたカタツムリです。

こんにちは。


今日は、デザイナーらしく、デザインについて少しだけ語ってしまおうと思います。

デザイナーにとって大切なことってなんだと思いますか?

センスでしょうか。

それとも知識でしょうか。

はたまた技術でしょうか。

どれも大切なことですが、一番大切なのは「優しさ」なのだと僕は思います。


「こんな風にしたら、もっと見やすくてわかりやすくなるかな?」

「こんな風にしたら、きっと喜んでくれそう!」

「こんな風にしたら、もっとお問い合わせが増えるんじゃないかな?」


妥協せず、そうやってひたすら頭を悩ませて、できあがったデザインが、やっぱりいいデザインなんだと思います。

センスや知識や技術は、それを具現化するためのものであって、そういった想いがなければ、ただカッコイイだけのサイトになってしまうと思うのです。

人間が生み出し、人間が使うものである以上、 WEBデザインにかかわらず、きっとどんなデザインでもこれだけは共通しているのだと思います。


柄にもなく、少し語ってしまいましたね。

歯が痛くなってきましたので、今日はこの辺で。