名刺のデザインは大切です2

2012.07.11に書きました

コラムTOP > 制作実例 > 名刺のデザインは大切です2

電車によく酔うカタツムリです。

こんにちわ。


今日はWEBデザインから少し離れてしまいますが、グラフィックデザイン、なかでも名刺デザインを例に、デザインする際、カタツムリが心掛けていることやなんかを、少しお話してみたいと思います。

あたりまえですが、名刺は「名刺交換」するためにあり、相手に名前を覚えてもらうためのツールです。

ここで大切なことはなんでしょう?

それはズバリ!話題性だと思います。

デザインのクオリティーも大切ですが、話の種になるコト、これが大切なんじゃないでしょうか?

「かわいい名刺ですねー」
「へ~!おもしろい名刺ですねー」

なんだっていいんですが、そう言ってもらえれば、悪い気がする人もいません。

初対面の相手と、少しでも話に花が咲いて、商談や印象が良くなれば・・そんな願いを込めてます。


うちがデザインした名刺を例にあげてみましょうか。


o0450030012070703588

 

ふみほぐし・あしつぼマッサージのお店、らくやさん。
レリーフ調もモチーフに、「足」がこっそり隠れています。

「ここに足が隠れてるんですよ~」
「へ~!!!」

なんて会話が生まれてくれればと思い、デザインしました。


o0450030012070703589

 

こちらはカラーセラピストさんの名刺。

カラーバリエーションを何色かつくりました。

「渡すお客さんのイメージで色が違うんですよ~」
「へ~!!なんで私は緑なんですか~?」
「それはね・・」

なんて会話が生まれてくれればと思い、デザインしました。 


o0450030012070703587

 

はい、僕の名刺ですね。

これは自分のなんで、少しまた趣向が違うんですが、
WEB屋というコトで、
「ブラウザ」をモチーフに。

かわいくて面白い!とこの名刺もなかなか好評であります。




とまぁ、こんな感じです。

たかが名刺、されど名刺。

今頃、色んなところで、会話がはずんでいるといいなぁ~!