ホームページのご相談時にお聞かせいただけると嬉しい5つのこと

2015.01.13に書きました

コラムTOP > Webサイト > ホームページのご相談時にお聞かせいただけると嬉しい5つのこと

カタツムリデザイン代表のミズカミです。こんにちわ。

新年、新たに事業を計画されたり、ホームページの刷新、リニューアル等を検討されている方もみえるかもしれません。

年が明けて、ありがたいことに今月もちょこちょこご相談・お問い合わせをいただいております。はじめてご相談にみえる場合、「何か用意していくものはありますか?」とご質問いただくこともしばしばございます。

そこで今日は、われわれカタツムリデザインが、「こんなことを聞かせていただけると嬉しいです!」といったことをまとめてみました。

 

どんなサービス・商材・市場・ニーズがあるのか

僕らは言わずもがなホームページのプロですが、当然、世の中にあるすべての業種・業態・商材を把握しているわけではありません。

お客さまはその道、その業種のプロとして、市場動向等をお聞かせいただけると嬉しいですね。

もちろんホームページを使って、どう見せるのか、どうアプローチしていくのかは、わたしたちからご提案させていただきます。

 

事業に対する想い・強み

どんな想いを持って事業に取り組んでいらっしゃるのか、競合他社に比べてどんな強みを持っていらっしゃるのか…、また、業界の問題点・改善点、それらに対する取り組み等があれば、是非お聞きかせいただけると嬉しいですね。

 

ターゲット

場所(立地・拠点・商圏)や、ターゲットの特徴(企業・個人・性別・年齢・環境・趣味嗜好etc..)ですね。

またその人たちはどんな悩みを持っているのか、その悩みを解消するために、どんな努力をしたりコストをかけているのか等、具体的であればある程いいですね。

 

目的・目標・計画

お問い合わせさせる、商品を買わせる、見積もりを取らせる、資料請求させる、Webサイトの目的・ゴールは色々あります。

その目的をどのくらいの期間で、どのくらいの数字を目標とするのかをお聞かせいただきたいです。

 

目標達成するための投資額

いわゆる予算ですね。上記の計画・目標を達成するためにどの程度の予算をご用意いただけるのか、投資していただけるのか、をお聞かせください。

ただこれは、逆にあえてお聞きしない場合もあります。まずはベストな提案をさせていただいてから、予算に合わせて計画し直すことで、より理想型に近く、より成果を期待できる計画に近づけましょう、という考え方ですね。

 

もちろん、これらすべてをお聞かせいただかなくとも、足らない情報はこちらで調べたうえで、ご提案させていただくことも可能です。

ホームページは、ただなんとなく感覚的に構成やデザインを決めたりするワケではなく、きちんと戦略を立てたうえで、計画していくんですね。そのために、必要な情報を、お聞かせいただきたいのです。

ご相談・お問い合わせはコチラ

 

ではまた次の祝日、建国記念日(の翌営業日)に。