「どんなホームページにしたらいいかわからないからつくらない」はもったいない

2014.12.24に書きました

コラムTOP > Webサイト > 「どんなホームページにしたらいいかわからないからつくらない」はもったいない

メリークリスマース!

カタツムリデザイン代表の水上です、こんにちわ。

クリスマスですね。先日カタツムリでも、一足先にクリスマスパーティーを開催しました。

その模様はまた、Facebookにでもアップされると思いますので、もしよければチェックしてみてください。

 

さて、今年もあとわずかということで少しだけ振り返ってみますと、今年も本当にたくさんの方とご縁をいただき、お話させていただく機会がたくさんありました。経営者の方、管理職の方、Web集客で悩まれてみえる方も多くみえました。

そんな中、「どんなホームページにしたらいいのかわからない」こんな声もよく耳にしました。

 

「どんなホームページにしたらいいのかわからない」から何もしない!?

これって、Web制作をしている側からすれば少し不思議な話なんですよね。

「どんなホームページにすればいいか」その点も含めて相談してしまえば良いのに…って思うんです。どんなホームページをつくれば良いかわかっていたら、逆に制作会社に頼む意義がなくなってしまうというか、むしろそのために制作会社ってあるんじゃないか、そう思うんですよね。

中小零細含め、たくさんのWeb制作会社がある中で、 僕の主観かもしれませんが、多くの会社さんは、そういったいわゆる「企画」「戦略立案」の部分から、相談に乗ってくれると思います。

 

もしかしたらものすごくもったいないことなのかも

「どんなホームページにしたらいいのかわからない」からといって、「何もしない」のは、実はもの凄くもったいないことなのかもしれません。もしこの記事を読んでくださっている方の中でそんな方がみえましたら、新年気持ち新たに、思い切ってご相談されてみてはいかがでしょうか?(もちろんうちにご相談いただくのも大歓迎です!)

相談自体は無料で受けてもらえる会社さんが多いですから、やるやらないは別として、一度プロにアドバイスをもらうのも、単純に面白いと思いますよ。

 

一年の終わりに、なんだかおせっかいな記事になってしまいました笑

いや、もったいないなぁと思う機会が最近多かったものでつい…。

 

ではまた次の祝日、元旦(の翌営業日)に。

今週いっぱいでカタツムリも冬眠に入るため、年内はきっと最後の更新になります。それではみなさん、良いお年を〜!